GS Knee(ジーエスニー)の値段は?販売元「藤倉化成株式会社」への資料請求方法についても

gskneeの画像次世代型歩行連取デバイス GS Knee公式ページ

GS Knee(ジーエスニー)の値段について

現在のところGS Kneeの販売はされておらず、レンタルのみとなっています。(販売開始日は未定)

そのため、販売元の藤倉化成株式会社の公式サイトでもGS Kneeの値段についての記載はありません。

(レンタルの値段については、藤倉化成のページから資料を取り寄せることでわかります。)

資料は無料で送ってもらえますし、導入時の参考にもなるGS Kneeに関する詳しい資料も貰えます。

資料の請求をしてもしつこい営業もないので安心です。

>>GSKneeの資料請求ページ

藤倉化成㈱「GS Knee」とは?

GS Kneeとは「RoboChemiaR GS Knee(ロボケミア・ジーエス ニー)」という名称の製品で、東京電機大学(東京都足立区・安田浩学長)工学部先端機械工学科の三井和幸教授と研究室所属の学生達が開発した「EAMブレーキデバイス」を藤倉化成株式会社(前述した研究室と共同研究をしている企業)が採用して作られた電子制御膝ブレーキです。

参照引用:藤倉化成「GS Knee」の価格

長下肢装具を用いたリハビリにおいて回復期初期から退院までの間、ずっと同じ体の動きの方向性で進められると患者さんや理学療法士の方にも評判の装置です。

一般的な長下肢装具に設置するだけで使用できる点や、歩行支援ロボットよりも遥かに小型かつ軽量である点も大きな魅力です。

現在はいくつかのリハビリ施設において試験的に導入されていますが、近い将来には導入を希望するリハビリ施設などにも展開されることが可能となるはずです。

GS Kneeの資料請求方法

先ほども書きましたが、GS Kneeの資料は販売元の藤倉化成株式会社の公式サイトから無料で請求できます。

GS Knee 資料請求ページ

GS Kneeは現在のところレンタルのみでの対応となっていますが、近い将来的には販売も開始される見込みです。

本格導入開始となれば恐らくは全国各地から多くの申し込みが予想されるので、早い段階で購入手続きをしておきたいところです。

今のうちから導入の検討をして準備しておくためにも詳細説明の資料は参考になるでしょう。

 

 

参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です