ツールバーへスキップ

下剤の副作用で眠気や発熱は起こる?腹痛や吐き気が出ることも

スポンサーリンク

下剤の副作用で眠気が強くなる?

下剤を飲むとその副作用で眠気が強くなることがあります。

塩類下剤で眠気が強くなるという傾向があるので、どうしても眠気が気になるという場合は異なるタイプの下剤を服用することで改善できる可能性があります。

ただ、下剤の副作用で起こることが多い副作用は眠気以外にもあるので、他のタイプの下剤を服用した場合、眠気が強くなることはなくても腹痛や吐き気といった副作用が起こる可能性があります。

スポンサーリンク

発熱するのは下剤の副作用か

下剤の副作用として発熱するケースについて調べてみましたがどのタイプの下剤でも副作用として発熱すると書かれているものは見つかりませんでした。

むしろ、便秘が重症化すると発熱することもあるので、もしかすると発熱は下剤の副作用というより便秘によるものである可能性も否めません。

とはいえ、下剤を飲むと発熱するという場合は、服用を一時的に止めてお医者さんに相談して見た方が良さそうです。

腹痛が起こるのが最も多い

下剤の副作用では腹痛を挙げるものが最も多いです。腹痛を副作用に挙げていない下剤は膨張性下剤くらいで、他の下剤は腹痛が起こる可能性について言及されています。

やはり腸の中にある便に対して何かしらのアプローチをするわけですから、その影響で腹痛が起こりやすくなります。耐えられないほどの激痛を引き起こすことは稀でしょうけれど、万が一そういった腹痛が起こる場合は処方された病院へ相談してみた方が良いでしょう。

多少の腹痛であればよくある副作用で、下剤が効いている証拠と考えた方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

吐き気が出る場合はどうするべきか

便秘薬として有名あなコーラックでは、副作用として吐き気を起こす理由をホームページで解説しています。

吐き気の度合いも人それぞれですが、せっかく便を出してスッキリしたいところを吐き気によって苦しい思いをする羽目に陥るのは何とも残念なところです。

吐き気についても他の副作用と同じで、違うタイプの下剤を飲むことで発生自体は抑えられますが、他の副作用を発生させる可能性があります。

嘔吐する可能性も

下剤の副作用で吐き気がするだけに留まらずに嘔吐してしまう人もいます。

吐き気が抑えられずに嘔吐するくらいの副作用が出るのであれば、すぐに服用を中止して他のタイプの下剤にすることを検討した方が良いでしょう。

便秘自体でも吐き気を感じることもありますが、王とするくらいであれば下剤の副作用と考えた方が自然です。

宿便を出す方法はお茶を飲むだけって本当? | イナコド|田舎で子育てをしてます!
猛烈な腹痛の原因は宿便だった!? 先日、嫁が突然腹痛に苦しみだしました。 冷や汗をかきながら乱れた呼吸で、 「今までにないくらいの痛み」 と苦しむので、慌てて救急病院を探して車を走らせました。 車内のちょっとした振動でもお腹に響くというくらいで、 「もうダメかも…」

下剤の種類について

下剤は大便の排出を促すものとして多くの人がしっている薬ですが、いくつかの種類があることを知っている人はそれほど多くないのではないでしょうか。

下剤は大きく分けて以下の4つのタイプがあって、働きや成分の違いによって起こりやすい副作用も異なります。

下剤の副作用にお困りの場合は、下剤の種類を替えてみることも一つの方法だと思いますので、参考にしてみてください。

ただし、何度も書いていますが下剤を替えても他の副作用が引き起こされる可能性もあるので、服用の際には充分に気を付るようにしてくださいね。

  • 膨張性下剤:下剤自体が水分を吸って便の体積を増やす
  • 塩類下剤:便に水分を取り入れて柔らかくする働きがある
  • 刺激性下剤: 腸を直接刺激して排出を促す
  • 潤滑型下剤:腸と便の摩擦を和らげて滑りやすくさせる(浣腸)

まとめ

下剤はいくつかの種類がありそれぞれ異なった作用があるため、副作用も異なる。

最も起こりやすい副作用としては腹痛が挙げられるが、その他には吐き気や眠気が起こるものが多い。

あまりにも強い副作用が起こる場合は他のタイプの下剤にすると回避出来ることもあるので、下剤を飲んで強い副作用が起こる場合は処方される際にお医者さんへ相談してみると良いでしょう。下剤のタイプを替えるだけで副作用が軽くなるケースもあるようです。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です