ガリガリ君の当たりの見分け方とは?スーパーやコンビニでの交換方法や当たる確率についても

 

ガリガリ君は子供から大人まで皆大好きなロングセラー商品です。

一本70円という安さで、子供の頃よく買って食べていた方は多いのではないでしょうか?

ガリガリ君は当たり付で、木の棒に当たりの文字があるともう一本貰うことができます。

お菓子やアイスの当たり外れは、ゲームみたいで楽しい要素ですよね。

そんなガリガリ君の当たりの確率や、見分け方について調べてみました。

スポンサーリンク

ガリガリ君の当たりの見分け方

ガリガリ君の当たりが分かる方法があるとされています。

まず、裏のバーコードの左から5番目の線が他と比較し太いと当たりの可能性が高いそうです。

また、裏の端に黒く塗りつぶされた部分があるのですが、そこが他よりも小さいのも有力だそうです。

どちらの方法もガリガリ君の裏面を一ずつ確認しなければならないので、店頭で周りの目線が気になるかも。

昔はもっと簡単に見分けられたみたいですが、メーカー側も対策をしているようです。

どうしてもガリガリ君当たりが欲しい方は、この二つの方法を試してみると当たるかもしれません。

スポンサーリンク

ガリガリ君が当たる確率は法律で決められている?

ガリガリ君の当たりはどれくらいの確率で入っているのでしょうか?

調べたところ、一説によると1箱(32本入り)に1つ当たりが入っていると言われています。

確かに箱単位で当たりが入っていれば、店舗ごとで当たりの偏りが起きなさそうです。

確率にすると3.2%となります。

しかし、景表法という法律で「懸賞に充てる割合は2%」と決まっているようです。

そうすると、1箱に1つの当たりの量では多すぎる事になります。

ガリガリ君の製造元である赤城乳業株式会社の公式サイトには当たりの確率について記載がありました。

景表法という法律に則って、公正に調節致しております。具体的な確率については、申し上げられませんが、その範囲内で還元させて頂いております。

1箱に1本の3.2%という確率はあくまで噂で、実際にはもう少し少ない確率なのかもしれません。

ガリガリ君が当たった!スーパーやコンビニでの交換方法について

実際にガリガリ君が当たった時の交換方法はとても簡単です。

レジにいる店員さんにもっていき、当たりの棒を見せるとレジを通さずにガリガリ君をもう一本貰うことが出来ます。

その際にその店舗で購入したことを示すレシートなどは不要で、当たりの棒さえあればOKです。

また、ガリガリ君が売られている店舗であればどこでも交換してもらえます。

アイスの当たりを貰うって、大人になると少し恥ずかしい気がしますが、気にせず堂々と交換してもらっちゃいましょう。

スポンサーリンク

当たったガリガリ君を交換してくれない時は?

ガリガリ君の取り扱いのない店舗に当たり棒を持って行っても、交換してくれません。

多くのスーパーやコンビニでガリガリ君の取り扱いはあるかと思いますが、もし取扱いの無い店舗の場合は諦めて違う店舗で交換を依頼しましょう。

また、取り扱いがあっても店員さんによってはレシートを見せてほしいなど、そのお店で買ったことの証明を求められることがあるそうです。

しかし当たり分のガリガリ君についてはお店が損をしないようになっているので、どの店舗で交換してもいいはずなのですが、店員さんによっては対応が違ってくるのかもしれません。

その際は別の店舗で交換すると良いかと思います。

ただ、多くの場合はガリガリ君の取り扱いがあれば快く交換してくれると思います。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です