不動産投資に失敗したら破産する?ブログで学ぶ失敗例や挽回方法についても

不動産投資は扱う金額が大きいので、失敗したら破産してしまう可能性がある危険性があるために、やりたいと思っても第一歩が踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。

その一方で、メガ大家やギガ大家といった不動産投資で大成功を収めている人もいるので、不動産投資に興味を持つ人は多くいると思います。

私も最近、不動産投資に興味を持って勉強を始めていますが、思っていたほど失敗率が高いわけではないことがわかってきました。

不動産投資に失敗するにはそれなりの理由がある。

この理由さえわかればそれほど大きな心配もなく一歩を踏み出せると思っています。

ここではそんな不動産投資の失敗例や失敗理由を中心にまとめてみました。

また、実際に行動する前に失敗する確率を減らすためにできることについてもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

不動産投資に失敗したら破産は確実なのか?

不動産投資で失敗して夜逃げしたとか破産したというニュースを聞くことがありますが、大きな金額が動く不動産投資と言えども、失敗によって必ずしも破産するというわけではありません。

株式やFXとは違って、不動産投資は土地や建物が残っているわけですから売却することである程度のリカバリーは可能です。

ただ、中には買い手が全くつかない条件の物件もあるので、そうなってしまうと赤字がずっと続いてしまうことになります。

不動産投資で破産するほどの失敗例については次の項でご紹介します。

スポンサーリンク

破産するほどの失敗例や理由

破産するほどの失敗例としては、

  • 需要が急落する地域の物件
  • かなり築古のRCアパート
  • 新築物件を複数抱える

こうしたことが挙げられます。

需要の急落としては、たとえばその地域にあった企業が撤退したとか、大学などの閉鎖といったように人の集まりがなくなることが大きな理由です。

需要がなくなれば物件の価格も大きく下落してしまうばかりか、客つけも困難になる可能性が高いので注意が必要です。

また、かなりの築古のRCアパートは維持費も大きくかかる上に、建て替えるにしても現状の入居者との兼ね合いもあるため問題が山積します。

所有しているだけで支出が増える状態の物件になることが多く、売却するにしても買い手がつかなりケースがほとんどです。

新築物件については意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、最初のうちはインカムゲインも入ってくるので問題ありませんが、建物価格は年々下落するために売却額はかなり下がってしまい、トータルではマイナスになってしまうことは珍しくありません。

経過年数とともに家賃も下げなくてはいけない傾向にあるため収入も減少していくことは珍しくありません。

参考になる不動産投資の失敗ブログ

これから不動産投資を始めるにあたって、これまでに失敗してきた方々の事例は大きな参考になります。

こうした不動産投資での失敗例がたくさん紹介されているブログは見ておいて損はないでしょう。

逆に言えば、こうした事例に当てはまらない不動産投資をすることで失敗を回避して、成功する投資ができるのではないでしょうか。

不動産投資の失敗例について書かれているブログはいくつもありますが、いろんな事例が掲載されているブログで参考になるものが見つかったらここでもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

不動産投資の失敗に挽回方法は存在するのか?

残念ながら失敗した投資案件での挽回はかなり難しいと言わざるを得ません。

突然、その物件の地域の需要が上昇するといったラッキーな出来事でもない限り、その物件での挽回は難しいです。

例えば、その付近で大企業が誘致されるとか、新駅が作られるとか、新幹線が通ることになったというようなことでもない限り、地域の需要が上昇することはないでしょう。

そのために、不動産投資をする前には入念に調査をして必ずこうなるといった未来予想図が描けるようになるまで実行しないという慎重さも必要ではないでしょうか。

失敗率を減らすためにすべきこととは?

ここまで不動産投資の失敗について書いてきました。

ここまで読まれた今、不動産投資について抱く印象はどうでしょうか?

怖いとか不安の方が強くなったでしょうか。

それとも、失敗する主な例がわかったので安心したという方もいらっしゃるでしょうか。

ここでお伝えしたいことは不動産投資の怖さではありますが、

「怖いからやめておいた方が良いですよ」

ではなくて、

「怖いから慎重にやりましょうね」

ということをお伝えすることを目的としています。

失敗を減らすためにも、実際の行動前に入念に調べて確信を持てるようになるまで準備をして欲しいと思います。

中にはスピードが必要な案件もありますが、即決するにも事前の準備は欠かせません。

事前の準備を行う動機としては、不動産投資に潜む危険性を知ることとなるはずです。

危険性を知ることでしっかりと自分自身の資産を守るための準備をするきっかけにしてもらえればうれしいです。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です