エナジードリンクの飲み過ぎによる症状は?死亡や腎臓・肝臓への負担や脳への影響についても

・何となく体がだるい。

・眠気が取れない時の眠気覚ましに。

・ここ一番の時のエネルギーチャージに。

 

エナジードリンクを取り入れている人が増えてきて、各社様々なエナジードリンクを売り出しています。

ですが、何となく体に悪そうってイメージがあるし、エナジードリンクを飲み過ぎて死んだ人がいるというニュースを聞いたことがあって、実はちょっと心配。

という人も多いのではないでしょうか。

確かに、エナジードリンクによって活力が出て、何とかその瞬間、その日を乗り越えられる助けになってくれるエナジードリンクですが、健康のことを考えるとやはり飲み過ぎには注意が必要です。

とは言いつつも、なかなか手放せないエナジードリンクの飲み過ぎによる危険性や死亡例について調べてみました。

スポンサーリンク

エナジードリンクの飲み過ぎによる危険性や症状について

エナジードリンクを飲み過ぎる事によって具体的にどのような危険性があるのでしょうか。

エナジードリンクに大量に含まれているカフェインは、心臓の収縮力や拍出量の増加、腎臓への血流量を増やすことで尿の生成を促す利尿作用があります。

よって、エナジードリンクに限った話ではありませんが、カフェインを過剰摂取した場合の症状として、めまい、心拍数の増加、血圧上昇、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気、腹痛等の多くの症状をきた可能性があります。

また、血糖値が上がり糖尿病の発症リスクも高まるとされており、アルコールと同時に摂取する事で相乗的に危険性が高まることが指摘されています。

常飲を続けたり、1日に規定量以上飲むなど、明らかに飲みすぎであれば、ますますこうした危険性にさらされることになるので、くれぐれもエナジードリンクの飲み過ぎには注意して欲しいと思います。

腎臓や肝臓への負担はどらくらいあるか?

やはり、エナジードリンクの飲み過ぎで内臓への負担が大きくなるのは避けたいところです。

外国の例ですが、1日に4~5本のエナジードリンクを毎日飲んでいたところ、わずか3週間で急性肝炎を発症したという事例がありますが、同様の事例がいくつもあることから、エナジードリンクの飲み過ぎが肝臓へ与える影響の大きさが良くわかります。

腎臓にも影響があることは指摘されていて、腎臓の機能である血液中の老廃物をろ過して体外へ排出する働きが低下するなどの影響が出てくる可能性もあります。

毎日2本飲むのは飲み過ぎか?

製品にも違ってきますが、中にはエナジードリンクを2本飲むことで、1日に許容されているカフェインの摂取量を超えるものもあるので、そうした製品であれば飲み過ぎということになります。

全てのエナジードリンクに該当するわけではありませんが、極力1日1本に抑えておく方が安心と言えるでしょう。

スポンサーリンク

エナジードリンク飲み過ぎで死亡することも?

先ほど海外の死亡例について記載しましたが、国内でもエナジードリンク過剰摂取による死亡例があります。

エナジードリンクを毎日飲んでいた事とその他の薬やアルコールの併用が原因だと言われています。

そのほか、海外ではエナジードリンクを長期間摂取し続けた結果、心臓に障害を与え脳卒中を起こし大規模な脳の手術によって一命を取り留めた事例もありました。

エナジードリンクは脳にまで影響を及ぼす可能性があることがこの例でわかります。

こういった事例を見ても、毎日エナジードリンクを飲むのは避けておきたいところです。

カフェインは特に、依存症のようになることもあるので、できるだけエナジードリンクなしでも過ごせるような対策をしておきたいところです。

1日1本のエナジードリンクを毎日飲むとどうなる?

エナジードリンクの飲み過ぎの危険性は理解したけど、それでも1日に1本くらいは飲まないとやってられない。

ちょっとした依存症になっている方は少なくないはずです。

カフェインは中毒性がありますし、エナジードリンクの力を借りて1日を何とか乗り切っているという人も多いでしょう。

1日1本を飲むだけではそれほど大きな影響はないでしょうけれど、これを毎日続けていくと累積してかなりの量のカフェインを摂取することになってしまいます。

ある程度の短いスパンでは何も変化は感じないかもしれませんが、少しずつ体内へダメージが積み重なっていくことである日大きなトラブルに変化する可能性もあるので、1日1本と言えども習慣化して常飲しないことをおすすめします。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。