フロッピーディスクの発明者はドクター中松氏?フェイスシールドやマスク、灯油ポンプの発明についても

スポンサーリンク

フロッピーディスクの発明者はドクター中松氏?真相について

あなたはフロッピーディスクの発明者はドクター中松氏だ、という話を聞いたことがありますか?その一方で、その情報は間違っているという意見もあり、混乱している人も多いのではないでしょうか。

フロッピーディスクの開発者はドクター中松氏ではなく、アメリカのIBMという企業です。しかし、ドクター中松氏が全く関係ないというわけではありません。

ドクター中松氏は1948年に「ナカビゾン」という、紙から音が出る音響機器を発明して特許を取得しました。

そして、IBMが世界初のフロッピーディスクを発明したのが1967年です。

当時フロッピーディスクを発売するにあたり、IBMは世界中の特許情報を確認しました。すると、ドクター中松氏の特許である紙製のレコードの仕組みが、フロッピーディスクの仕組みと類似する可能性があることが分かりました。

そのためIBMはドクター中松氏に特許使用料を支払い、ライセンス契約を結んだのです。

このような理由からフロッピーディスクを開発した!と誤解されるようですが、実際には違います。

しかし、フロッピーディスクは沢山の技術をもとに完成されたものであり、発明者はこの人だとはっきり言えるものではありません。

ドクター中松氏の発明は、フロッピーディスクの発明に関わる技術だったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

注文殺到!ドクター中松氏のフェイスシールドやマスクは良い?

公式サイトによると、ドクター中松氏のフェイスシールドやマスクには次のような特徴があります。

〈スーパーM.E.N 38型 2500円〉

鼻や口だけでなく、目も守ることができるフェイスシールドです。口元が見えるので会話しやすく、息苦しさを感じません。

〈オミクロンマスク 3枚セット 1650円〉

普段使っているマスクの内側に貼り付けるタイプのマスクです。ウイルスを遮断し、より高い防御効果が期待できます。

斬新なアイディアと感染予防の効果の高さから、注文が殺到する人気商品となりました。

ちょっと値段が高いかも…と感じる人もいますよね。しかしどちらも洗って繰り返し使えるので、普通のマスクと比べてもコスパが良い商品なのです。

ドクター中松氏の感染対策マスクは、高評価で使ってみる価値がありそうです。

ドクター中松氏の発明品「灯油ポンプ」は醤油からひらめいた?

冬に活躍する灯油ポンプ、使ったことがある人は多いのではないでしょうか。実は、これもドクター中松氏の発明品なのです。

もともとは大きな瓶に入った醤油を簡単に移し替える方法はないだろうか、という疑問から手動のポンプが考えられたそうです。そして現在の灯油ポンプが発売されましたが、今でも「醤油チュルチュル」という名前で販売されている商品があります。

有名な発明品も、日常のふとした状況から生まれているのは面白いですね。

スポンサーリンク

ドクター中松氏の特許を取得した靴の発明品とは

特許を取得した有名な発明品に、「スーパーピョンピョン」という靴があります。

世界中で人気となったフライングシューズの新型で、公式サイトによると10分の運動で30分並みの効果があるそうです。ダイエットや健康効果が大きいと言われています。

値段は2万円程で、自分の履いている靴に合わせて調節できるので家族みんなで使用できます。スーパーピョンピョン、使ってみると面白さにハマってしまう商品かもしれませんね。

アイリスオーヤマのCMにも出演しているドクター中松氏の発明がすごい!

ドクター中松氏の発明は個性的なアイディアは勿論、発明数もすごいのです。

アイリスオーヤマのCMでは、発明の数に注目しています。

アイリスオーヤマの発明数が4800件に対し、ドクター中松氏の発明数が3059件とどちらも驚く件数です。ドクター中松氏が個人でこれだけの発明をしているのも驚きですよね。

有名な発明品には、電動パチンコ台・JRの磁気切符・リボディ食品のふりかけなどがあります。このふりかけは、ユニークな発明に贈られるイグノーベル賞の栄養学賞を受賞し話題となりました。

ドクター中松氏の発明の中には、まだまだ私たちが知らないすばらしい技術が存在しているのかもしれません。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。