電話番号+81の後はどうする?かけ方や書き方とメール・SNSの着信についても

最近はSNSの登録や着信などで+81(プラス81)から始まる電話番号を目にする機会が増えました。

慣れないうちは、

+81とは?
どうしたらいいの?

と違和感を抱くかもしれませんが、法則を知って(といっても簡単ですが)慣れてしまえば簡単なので心配は無用です。

ここではそんな「+81」から始まる電話番号について、電話のかけ方や登録方法のほか、詐欺などの危険から身を守る知識などについてもまとめてみました。

電話番号の+81とは?正しいかけ方について

電話番号の+81とは、国際電話において「国際電話認識番号」と日本を表す番号です。

最初の「+」は、「これから国際電話をかけますよ」という合図の役割があり、その後の「81」は日本を意味します。

+81を用いた電話のかけ方としては、+81の後に最初の0を抜いた数字からかけることになります。

例えば、

03-1234-XXXX

ここに電話する場合、以下のように入力します。

+81 3-1234-XXXX

同様に、日本国内で入力する電話番号は全て0から始まりますが、この先頭の0は「国内電話をかけますよ」という合図の役割(国内プレフィックスと呼ばれる)があるものなので、+81の後にはこの0は不要となります。

携帯電話へは+81の後は90や80から始める

上記の法則は携帯電話の番号にも当てはまるので、090、080などから始まる電話番号も最初の0は国内電話を意味します。

なので、海外から+81を入力して日本の携帯電話へ電話する場合は+81の後は先頭の0を抜いた「90…や80…」と入力していくこととなります。

つまりは、携帯電話の090や080で始まる番号について+81を付ける場合は、「+81 090…」は誤りとなるのでご注意ください。

図解でもっと詳しく>>ドコモの公式ページ(国際電話について)

+81からの電話番号の書き方


電話番号の入力フォームで+81から入力する必要があるケースもありますが、どのように書く(入力)するのが正しいのでしょうか。

書き方としては、まずは国番号から始めるので日本国内の電話番号であれば日本を表す+81を書きます。

その後に電話番号を書くことになりますが、最初の0を外した電話番号を入れていきます。

上記の画像の例で言うと、電話番号の欄には東京であれば市外局番の03の0を外した番号を入力していけばOKです。

ただ、最初の0を入れても正しく認識する機能を持っている入力フォームもあるため、間違って0から入力しても問題ないこともあります。

080から始まる番号の+81に続く書き方は?

それでは、080や090などから始まる携帯電話の番号を書くときにはどうしたら良いのでしょうか。

携帯電話の080や090などもこれまでお伝えした内容と同じなのでご安心ください。

これまでお伝えしてきた内容と同様に、080の頭の0を除外した番号を+81の後に続けて書いていけばOKです。

携帯電話であっても番号の規則は変わらず、最初の0は国内通話の意味を表すので+81の後は除外するというわけですね。

海外のSNSなどの登録時には携帯電話番号を入力することがほとんどですので、このように番号を書いていけば間違いなく進めることができます。

+81を使ったFacebookやLINEの登録方法

FacebookやLINEの登録時に電話番号の登録が求められますが、入力方法は上に記載したとおりで、+81に続いて最初の0を除いた携帯電話の番号を入力すればOKです。

ただし、LINEでは電話番号の入力フォームが先にあって、電話番号を入力すると自動的に+81の後に0を抜いた番号が入力されるというものもあるので、その場合は国内通話で使っている番号をそのまま入力すれば良いということになります。

SMSへの送信メッセージで+81を使った番号が表示されるので、念のため正しく反映しているか確認しておくと安心ですね。

国内通話で+81を使うとどうなる?

国際通話を意味する+81を国内通話の際に使った場合はどうなるのでしょうか。

国内での通話であっても国際電話扱いとなって料金が割高になったりするのでしょうか。

結論から書くと、例え国内で+81を使った通話をしても国際通話として扱われることはないので全く問題ありません。

当然ながら通話料金が高くなるということもありませんので、万が一かけてしまった場合でもご安心を。

ただ、+81を使って発信することによるメリットは全くないので、国内への発信の際には国内通話を意味する0から始める電話番号にて発信する方が望ましいでしょう。

iphoneから勝手に+81発信されている時には?

稀にiphoneユーザーの中で「勝手に+81で発信される」というケースが報告されています。

意図せずに国際SMS送信がなされて、高額な請求があったという口コミもあるので注意が必要です。

SIMの抜き差しによってiphoneの電話番号が変わった場合や、Settings(設定)アプリでiMessageやFaceTimeをOFFからONに変更した場合に発生しているという情報もあります。

万が一こうした状態になってしまったら、電話会社へ問い合わせて対処方法を確認するのが良いでしょう。

なお、勝手に+81になっているというのはユーザー側の認識であって、何かしら操作した結果によることがほとんどです。恐らくはiphoneでも当該操作時にメッセージが出ていたはずですが、そのままOKか何かユーザー側で意思表示をしているはずです。

キャリア側の誤りである可能性は低いので、問い合わせる場合は対処方法を尋ねるスタンスの方が良いでしょう。

ご参考:ソフトバンクのFAQのページ(+81の設定について)

+81で着信するのはどんな時?

携帯電話やナンバーディスプレイの固定電話などで、+81から始まる番号の着信に気づいたという方もいるかもしれません。

国内にいる場合に+81で着信したとすれば、海外にいる相手からの着信ということになります。

(もちろん、自分が海外にいる場合であれば日本国内から発信された電話ですね)

最近では、海外からの着信がきっかけで詐欺の被害にあうケースもあるため+81の着信は怖いと感じる方もいるかもしれませんが、実際は単なる国際通話を示す表示なので、それほど怖がる必要もありません。

(+81を0に読み替えた場合、知らない番号であれば無視するというのも対応の一つと言えます)

SMSで+81着信しているのは詐欺の可能性も

+81発信のショートメッセージ

着信番号で+81が表示されるケースよりも、+81から始まる番号でSMSが送信されるケースの方が多いのではないでしょうか。

例えばこんな感じです。

+81 90 7676 XXXX

お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。ご確認ください。(リンク)

外出時にこうしたメッセージが入るとちょっと気になってしまいますが、ほぼ確実に詐欺でしょう。

そもそも宅配業者が携帯電話でメッセージを送るとしても国際通話でかけてくることはないでしょうからね。

一方で、例えばYahoo!JAPANからの確認コード発信時には+81がついた番号で着信となります。

このように、SMSの+81は全て詐欺というわけではありませんが、時には詐欺が疑われる着信も混ざっているので注意が必要です。

まとめ

電話番号の「+81」は、「+」で国際通話を、「81」で日本を表す一方で、電話番号の頭の0は国内通話を表すので、+81の後に0から始まる電話番号は矛盾します。

そのため、+81に続く番号は、国内通話で用いる番号の頭の0を抜いた番号を使うことになります。

携帯電話の090や080も同様で、最初の0は国内通話を表しますので、+81のあとは90や80と続けるのが正解です。

日本国内で+81を使うケースとしては、SNSなどで電話番号を登録する時が最も多いと思いますが、この法則を知っていれば入力も簡単ですし、国外から日本へ国際電話をかける際にもスムーズにかけられるようになるでしょう。

国際電話は海外にかける際や、海外から日本にかける時くらいしか接することがなかったという人は多いかもしれませんが、海外のSNSを使う頻度も増えているので今後はますます+81を使った番号に接する機会が増えていきそうですね。

どの登録であってもこの法則を知っていれば簡単に入力できるので参考にしていただけたらと思います。

国際電話の詐欺と簡単な対策方法とは?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました