ダニ捕りロボは効果なし?怪しい・ステマ説や置き場所について

ダニ捕りロボ(楽天市場)

ジメジメ・ムシムシした季節になると特に気になるダニ。ダニはアレルギーの原因にもなるので面倒でも小まめに外で布団を干したりしている人も多いでしょう。

ですが、ダニは目に見えないくらいの微小なため、本当に退治できているのか気になりますよね。

そんなダニ対策として口コミを目にする機会が増えた「ダニ捕りロボ」という商品。

一度捕獲したダニは逃がすことなく100%死滅するというデータがあって、実際に「ダニに刺されなくなった」という口コミも見られるので効果的な製品のように感じられる一方で、効果がなかったという口コミがちらほら見かけるのも事実。

ダニ捕りロボの効果はあるのかないのか?

気になる点について調べてみたので、簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

ダニ捕りロボの効果はないのか?

ダニ捕りロボの公式サイトではダニの捕獲に関するデータを公表しており、ダニを捕獲するのに効果があるという結果が示されています。

その一方で、実際の口コミを探してみると「2か月使用しても効果がなかった」や「持続した効果が得られない」という声もあります。

効果ありの実証データがあるのにも関わらず効果を感じられない原因としては、誤った使用方法を続けている可能性が指摘されているので、効果を感じられないという方は今一度確認してみると良いかもしれません。

まずは使用するダニ捕りロボのサイズですが、ダニ捕りロボには3種類のサイズがあり、レギュラーサイズは1m×1mの範囲に効果があります。シングルベッドならこのサイズを使いましょう。

他にも靴やバッグにプチサイズ、カーペットなど大きなものにはラージサイズを使用してください。使用する範囲と合っていないと効果がないので注意してくださいね。

また、ダニの種類によって効果なしの場合があります。効果があるダニは、ツメダニ・チリダニ・ホコリダニなどの屋内に発生するダニです。

一方で、血液に引き寄せられてくるイエダニや蚊・ノミなどの昆虫には効果はありません。

効果なしと感じた人は、これらの虫が原因の可能性もあります。

ダニ捕りロボの詳細ページはこちら

スポンサーリンク

ダニ捕りロボは怪しい?ステマ説の真相について

ダニ捕りロボの口コミを見てみると、効果がすごいという高評価が多く見られるので、「ダニ捕りロボの口コミってステマじゃないの?」と、怪しいと感じる人もいるようです。

実際の効果を確認する方法として、自分の使用したダニ捕りロボでどれだけダニが捕れているかメーカーに依頼して調べてみる方法があります。

この結果でダニが捕獲できていれば効果について確信を持てるようになるでしょう。なお、ツイッターやインスタでは、次のような声が挙げられています。

  • ダニ摂りロボを置いたら、確かに刺されなくなったと実感できた!
  • 値段は高いけど効果はあるからお勧め!

ステマを疑ってしまうほどの高評価ですが、もしかすると本当に効果が高いからこそ挙げられる口コミという可能性は否定できません。

実際に自分で試して捕獲状況を確認して初めてステマ疑惑が解消できたという人もいるかもしれませんね。

ダニ捕りロボの効果を感じる置き場所はどこ?

ダニが気になる身近な場所といえば、ベッドや布団などの寝具ですよね。寝具に使う際にはダニ捕りロボは布団とマットレスなどの間に挟んで、直接肌に触れないように使用しましょう。(特に足元あたりに設置すると高い効果があります。)

その他の設置場所は、クローゼットやキッチン・棚の裏・靴の中などがお勧めです。ちなみに、ダニが発生しやすい場所には次のような条件があります。

  • 温度や湿度が高くて暗い場所
  • フケや垢など、ダニの餌になる汚れがある場所

ダニが発生しやすい条件を満たしている場所には、ダニ捕りロボで対策をしておくとダニの繁殖を未然に防ぐことができるでしょう。

スポンサーリンク

ダニ捕りロボの効果はどれくらいの期間続く?

ダニ捕りロボは、使い始めて数日たつと効き始め、開封してから約3ヶ月もの間に渡って効果が続きます。

市販の殺虫剤やスプレーと違って、置いたままでOKなので使いやすいですよね。

3ヶ月経過したら詰め替え用のマットとの交換が必要ですが、交換後はまた新たに3ヶ月間使うことができます。

布団を上げると気になる、ダニ捕りロボの白い粉って何?

布団を上げるとダニ捕りロボの周りに白い粉が……。

「これってダニ?」と気になった人もいるのではないでしょうか。

この白い粉は、ダニ捕りロボの誘引剤がこぼれたものです。ダニをおびき寄せる誘引剤はかなり細かい粉末なので、ちょっとした振動でこぼれることがあるのです。

ダニや汚れではないので安心してくださいね。

安全なものなので、こぼれていたら掃除機などで吸い取っておけばOKです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました