コンタクトの度数を上げるのは勝手にやっていい?眼科へ行く必要性はあるか

コンタクトは手軽に買う事ができますが、度数の選択も眼科に掛からずとも自分でできてしまいます。

ネットで買えば眼科の診察料もかからず、お得に購入できると考えてしまいますよね。

コンタクトの度数を上げる、また下げる場合、眼科に行く必要はあるのでしょうか?

眼科の必要性や、度数の合わないコンタクトをつけるデメリットや危険性についても調べてみました。

スポンサーリンク

コンタクトの度数を上げるのに眼科に行かなくても良い?

結論から書くと、コンタクトレンズの度数の変更は自己判断で勝手に行うのはNGで、眼科を受診するのが望ましいです。

特に度数の選択は、目の状態やコンタクトの使い方などでも変わってくるので、一概には言えず眼科医に診てもらった方がいいです。

コンタクトをつけたいと言っても運転時や仕事中のみ使いたいのか、日常的に使いたいのかによっても度数の強さは変わってきます。

また、遠近両用や乱視も入ってくると、さらに自力での度数選択は難しくなるでしょう。

きちんと視力検査を行い、見え方を確認しながらコンタクトレンズを選ぶ必要があります。

また、日常的にコンタクトレンズを問題なく使用できていても、定期的に眼科を受診し定期検査を受ける事をお勧めします。

スポンサーリンク

コンタクトの度数を上げる・強すぎる度数のデメリット

コンタクトの度数を勝手に変えてしまい、合わないコンタクトレンズを使ってしまうと、目のトラブルなどデメリットが多々発生する可能性があります。

肩こりや頭痛、角膜が傷ついてしまうなどの健康被害に起こる事があります。

1番目に良くないのは度が強すぎるコンタクトを使用してしまう過矯正です。

度が弱く見えづらいよりも、強すぎて見えづらいほうが体の不調は起こりやすいようです。ひどいと視力低下や吐き気などが起こってしまいます。

少しでもコンタクトをつけた時に違和感を感じる場合は、すぐに使用を中断して眼科を受診しましょう。

また、左右で度数が異なる場合、入れ替わってしまわないように日頃から注意するようにしましょう。気がついたら入れ替わって使っていたというケースも多いので気をつけたいです。

コンタクトの度数だけ測りたい場合は?

では、コンタクトは自分で購入し、度数のみ眼科で調べてもらう事はできるのかどうかですが、これもお勧めできません。

コンタクトレンズは種類も様々で、度数以外にもレンズのサイズやカーブ、素材など商品によって異なってきます。

使用頻度や目の形状によって、その人に合うコンタクトレンズは異なってくるので、きちんと眼科で選んでもらったほうがいいです。

自分に合わないコンタクトレンズの使い続けると、目のトラブルに繋がり兼ねません。目のトラブルは自分自身では気が付かない事も多く、症状が出始めてからでは手遅れの場合もあります。

コンタクトの度数を勝手に上げたり下げたりせずに、きちんと眼科にかかりましょう。

スポンサーリンク

まとめ

私もコンタクトレンズを日常的に使用しています。定期的に眼科を受診しコンタクトを購入するのは少し手間にも感じますが、目の健康のためには手間を惜しんでいけないと思いました。

カラーコンタクトなど昔より種類も増え、手軽に購入できるようになった分、目のトラブルを起こす人も増えているようです。

最悪の場合、目が見えなくなるという事もあり得るので、本当に注意が必要です。

よく、友人からカラーコンタクトを貰って、せっかくだから使ってみるという人もいるようですが、これも危険ですね。

大切な自分の目です。自分に合ったコンタクトをつけるように心がけましょう。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です