二日酔い時にコーヒー牛乳を飲むのは効果がある?吐き気を悪化させる可能性についても

スポンサーリンク

二日酔い時にコーヒー牛乳を飲むのは効果があるのか

二日酔い時にコーヒー牛乳を飲むのは、つらい状況を和らげる効果としては認められています。

二日酔い時にコーヒーを飲むと、カフェインの働きによって頭痛を和らげる効果があるほか、利尿作用をもたらしてくれてアルコールの排出を促す効果が期待できます。

また、牛乳に含まれる「セントロニン」には血管収縮作用がありカフェイン同様、頭痛を和らげてくれる働きがあり、さらには気持ちを落ち着かせる働きもあります。

こうした二つの効果を同時に得られるコーヒー牛乳は、二日酔い時のつらさを緩和するには適した飲み物と言えるでしょう。

また、二日酔いの状態だと 胃が弱っているため、頭痛を和らげようとコーヒーを飲むことで胃腸に負担がかかってしまいますが、牛乳を混ぜることで胃粘膜を保護することも利点として挙げられます。

次に、コーヒーと牛乳がもたらす二日酔い対策への効果についてもう少し詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

二日酔い時にコーヒーを飲む効果は?

ご存知の通り、カフェインには、利尿作用があります。

その利尿作用によりトイレに行く頻度が上がることで体内のアルコール成分を体外に排出させようとする働きをしてくれます。

その結果、アルコールの分解を促進させるため、二日酔いに効果があります。

また、二日酔いの原因は「アセドアルデヒド」という毒素が血管を拡張することが理由とされています。

コーヒーに含まれているカフェインには血管を収縮させる効果があるため、その収縮作用により頭痛を和らげてくれる働きがあります。

ただし、コーヒーを飲み過ぎてしまうと、脱水症状をおこしてしまう可能性もありますので飲みすぎには要注意です。

吐き気がある時はコーヒーは逆効果になる?

コーヒーに含まれるカフェインは、二日酔いの頭痛には効果的ですが、他にも二日酔いが引き起こす症状である吐き気や低体温には逆効果になります。

吐き気は胃酸過多ですので、カフェインは胃腸を刺激してしまったり痛めてしまいます。

胃酸を更に分泌させ吐き気がよりひどくなってしまうこともあります。吐き気を催す場合はコーヒーを飲むと悪化することもありますのでブラックコーヒーを飲むことは避けた方が良いでしょう。

>>深酒のダメージから大切な体を守るには?

 

コーヒーで二日酔いの症状が悪化することも

前述の通り、吐き気は胃酸過多ですので、胃を荒らすような飲食は避けるようにしたいところです。

特にコーヒーの中に含まれるカフェイン胃腸に刺激を与える成分なので、胃酸を更に分泌させ吐き気を促進させる可能性があります。

そのため吐き気がある場合はコーヒーを飲むと、二日酔いの症状を悪化する可能性がありますので要注意です。

二日酔いの症状緩和を目的としてコーヒーを飲む際には、たっぷりと水分補給をして胃を守る対策をしてからだと症状の悪化を防ぐことができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

二日酔い時に牛乳を飲むとどんな効果があるか

牛乳にはタンパク質が含まれています。

アルコール成分は体内に吸収されたあと、肝臓で分解・代謝されますが、このときに大量のタンパク質が消費されるので、牛乳によって補うことができます。

牛乳そのものにはアルコールの分解・代謝能力はありませんが、これらに含まれているタンパク質が肝臓の働きを助けることによって、結果的に二日酔いの改善効果が期待できます。

二日酔い時に牛乳を飲みたくなるのはなぜ?

二日酔い になってしまうほどたくさんのお酒を飲んだ翌日は、体内のタンパク質が不足状態となっています。

アルコールを分解するにはたんぱく質が必要で、体内のたんぱく質が使われるからです。

さらには水分や糖質も不足してくるほか、胃腸も弱っていますし、胃に負担をかけない牛乳を体が自然と欲するものと考えられています。

二日酔いにカフェオレでも効果はある?

コーヒーにミルクを加えた「カフェオレ」はコーヒー牛乳と同様に二日酔いに効果的だと言えます。

これまで書いたとおり、コーヒーと牛乳の効果が得られるほか、糖分によって肝臓の疲労回復にも役立ちます。

こうしたことから、コーヒーや牛乳単体で飲むよりも、カフェオレにして飲む方が二日酔い時の飲み物としては効果が高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です