バイトを休む電話が繋がらない!怖いからメールやLINE、留守電で伝えても良い?

しかし急な体調不良などで、バイトを休まなければいけない事って多々あるかと思います。それが、当日の朝でシフトに入る直前であるほど、伝え方や連絡方法には注意が必要です。

今回は、バイトを休む電話が開店前で繋がらない場合や、LINEでやメールでの連絡について調べてみました。

スポンサーリンク

バイトを休む電話が開店前で繋がらない時はどうするべき?

体調が悪い時など、当日に突然バイトを休まなくてはいけなくなったら、できるだけ早く連絡を入れるべきですが、開店前で人が誰もいないため、バイト先に電話をかけても誰も出ない場合はとりあえず誰かが来るまで待ってから連絡するほかありません。

最近は店長などの携帯電話番号を伝えているケースは多いので、開店前に直接店長やリーダーの携帯電話へかけることでも良いでしょう。

ただし、早い方が良いだろうと早朝にかけることの無いように気を付けてくださいね。

そもそも当日の朝にバイトを休むのってアリ?

基本的には当日の朝に休む連絡が入るのはないようにしたいところですが、突然の体調不良を我慢してまで出社しても迷惑がかかってしまいます。

シフトに穴が空いてしまい周りの人に迷惑をかけてしまうかもしれませんが、それぞれが協力して乗り切るしかありませんので、できる限り早めに連絡をして対応策を取ってもらうしかできることはありません。

こうしたことが何度も続けば信用問題にも繋がってくるので、日頃の体調管理には気を付けたいところです。

スポンサーリンク

電話は怖いのでメールやLINEで休むと伝えても良いか

当日のバイトを休むのを伝えるのが怖いために、電話ではなくメールやLINEで伝えられるのであればそうしたいところですね。

ですが、バイトを休む連絡はなるべく電話などで直接伝えた方が良いでしょう。

LINEやメールはいつ相手がメッセージを見てくれるか分かりませんし、送っても相手に伝わらない事も考えられるので少し危険です。

誰もみておらず無断欠勤と思われても仕方ありません。

また、伝えにくいことを直接言わずにメールやLINEで逃げたと思われる可能性もあるので、言いづらいことこそ直接伝えるのが望ましいです。

普段からメールやLINEで業務の連絡している場合は?

ただ、バイト先によっては休む際の連絡はLINE使っても良いと許可されている場合もあります。

そういったバイト先であれば、休む連絡をLINEでしても問題ないでしょう。

しかし、シフト時間の直前の連絡や遅刻などの連絡でLINEは避けるべきです。

タイムリーにLINEを確認しているわけではないので、急を要する場合は電話を使って連絡するように使い分けて連絡するよう心掛けたいところです。

バイトを休むことを留守電で伝えても良い?

バイト先に電話が繋がらない場合、留守電にいれておこうかなとも思ったりしますよね。

しかし、留守電もメール同様、相手がいつ確認するのか分かりません。

受け取る側の人によっては非常識と思われてしまう場合もあり、怒られるという事になりかねません。

そうすると、次のシフトも行きづらくなってしまいます。

確実に受け手に伝わったことが確認できる電話が、こうした連絡の場合最も安心できる連絡手段と言えるでしょう。

スポンサーリンク

バイトを休む理由の伝え方について

体調不良などバイトを休まざる終えない事情とはいえ、バイト先に迷惑がかかり怒られそうで怖いと思ったりもしますよね。

良い伝え方としては、体調不良の場合は状況を簡潔に話して「申し訳ありませんがお休みさせてください。」と伝えれば良いかと思います。

また、あとどれくらいで回復しそうなのか、なども伝えておくと良いでしょう。

しばらくは出勤が難しそうなのか、明日には回復するのか、バイト先も分かれば知っておきたい情報です。

バイト先によっては、明確な理由があるのに休む事に対して嫌味を言われたり、怒られたりするところもあると聞きます。

しかし、本来はそんな事あってはいけません。理由があっても休めない、人手不足で休みづらいなど、そんなバイト先は運営体制に問題があるのではないでしょうか。

スタッフがきちんと揃っていて、1人が休んでも問題なくシフトが回る運営体制のバイト先が本来のあるべき姿ではありますね。

誰しもが仕事やバイトを休まなければいけない時はあるでしょう。

そんな場合に備えて普段から連絡方法の確認や伝え方を理解しておくと、いざという時に役立ちますね。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です