あずきバーのカロリーで太る?糖質・脂質の量や体に悪いという説についても


コンビニやスーパーなどで販売されている人気アイスの井村屋のあずきバー。

食べたいけれど「カロリーが気になる」とか「食べたら太るのかな」といったことが気になる方も多いはず。

程よい甘さのあずきバーですが、その甘さがやっぱりちょっと怖い…と感じることもありますね。

あずきバーを食べたら太るのか、はたまたあずきバーでダイエット効果は得られるのか、ほかのアイスと比べてどうなのか…。

こうした疑問の解消のために、あずきバーのカロリーや成分などを調べてみた結果をまとめました。

スポンサーリンク

あずきバーに含まれるカロリーや糖質・脂質は?

最も気になるのがカロリーですが、単品で販売されている65mlのあずきバー1本の栄養成分を調べてみました。

・カロリー112kcal
・たんぱく質1.7g
・脂質0.3g
・炭水化物25.6g
・食塩相当量0.1g

これだけでは高いのか低いのかわかりにくいですが、人気のハーゲンダッツのバニラ1個(110ml)は244kcalなので、比較してみるとあずきバーの方がカロリーは低いという計算になります。

そして、カロリー同様気になる糖質。

糖質+食物繊維=炭水化物ですので大体1本あたり24.8gの糖質が含まれており、先ほどのハーゲンダッツのバニラ1個(110ml)には糖質が19.9g含まれているので、あずきバーの方が炭水化物及び糖質が高い計算です。

ただ、脂質に関しては0.3gとかなり少ない数値ですのでさほど気にする量ではないでしょう。

スポンサーリンク

あずきバーは箱タイプの方がカロリーは低い?

65ml ×6本で販売されている箱のあずきバーのカロリーは1本(65ml)あたり110kcalとなっています。

単品で販売されているあずきバーと同じ量なのに箱に入っているあずきバーでカロリーが違うのが不思議な感じです。

単品を買って食べるより箱のあずきバーの方がカロリーが低くていいのかもしれません。

と言ってもわずか1個当たり2kcalの差ですけどね…。

パルムとカロリーを比較してみた結果

個人的な話になってしまいますが、あずきバーと同じくらい大好きなパルム。

このパルムとあずきバーのカロリーを比較してみました。

パルムのカロリーは1本あたり237kcal。

うーん、なかなかのカロリーですね(;’∀’)

やはり乳製品のパルムと比べると氷菓のあずきバーの方がカロリーは低いってことなんですね。

カロリーを気にしていたら美味しいアイスなんて食べられないぜ!と思う気持ちもありつつ、最近ちょっと太り気味…なんて時にはパルムよりもあずきバーを選ぶようになるかもしれません。

スポンサーリンク

ダイエット中にあずきバーは食べてもOK?

あずきバーでダイエットの効果はあるのでしょうか。

あずきバー1本あたりのカロリーは112kcalですがこの量はバナナ1本、糖質24.8gはご飯の半膳と同じくらいで、カロリーと糖質ともに決して低い数値ではありません。

次にあずきバーに含まれる他の成分を見てみます。

<あずきバーに含まれる成分>

食物繊維
食物繊維の働きには食後の血糖値の上昇を抑え腸内環境を整えることでダイエット効果に期待できます。

ポリフェノール
あずきバーに含まれる小豆はポリフェノールという成分で血糖値の上昇を緩やかにしダイエット効果に期待できます。

 

以上のようにあずきバーにはダイエット効果のある食物繊維やポリフェノールが含まれているので、あずきバーをダイエットのために効率よく食べる方法としては、血糖値を抑えるために食前に食べることをおすすめします。

当たり前かもしれませんがカロリーも糖質も高いので食べ過ぎには注意した方がいいかもしれません。

また夜に食べると摂取した糖質はエネルギーとして消費されないと脂肪として体に蓄積されてしまうので要注意です。

なお牛乳やチーズなどの乳製品は、食品に含まれる糖質の吸収を妨げる効果があるので、あずきバーと一緒に食べると血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあります。

あずきバーは体に悪い?

中にはかなり少ない意見として、あずきバーは体に悪いというネット上の情報がありますが、あずきバーを食べることでの健康被害はありません。当然ですけどね。

ただ、甘い物を食べるのをセーブしなくてはいけない状況の方であれば、体に悪い食べ物として気を付けなくてはいけないという状況はあるでしょう。

それ以外であれば特に体に悪いと気にする必要はない食べ物ではないでしょうか。

ヤセ菌を簡単に増やすにはどうしたらいいの?

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です