Apple IDのパスワードのロックは何回目の間違いでかかる?リセットや解除方法についても

Apple IDのパスワードを忘れてしまい、いくつか思い当たるパスワードを入れてみるも、なかなか正解が見つからず…。

そんな時に気になるのが、

「何回間違えたらロックがかかるんだろう…」

ということではないでしょうか。

ロックがかかると解除が面倒ですし、何よりもスマホがすぐに使えないのはとても不便です。

パスワードが思い出せない時や、ロックがかかってしまった時はついつい焦ってしまいがちですが、一先ずは落ちついて現在の状態を把握してその対処方法を試してみてください。

ここではApple IDのロックを解除する方法や、よくあるアクシデントへの対処方法についてお伝えしています。

スポンサーリンク

Apple IDパスワードの間違いは何回までOK?

Apple製品にログインするときに、パスワードを間違えてしまったり、あるいは忘れてしまったりすることがありますよね。

パスワードは何回まで間違えても大丈夫なのでしょうか。

結論から言うと、10回までOKです。

間違えた回数によって、以下のように制限がかかるので注意してください。

(間違えた回数:ロックされる時間)
・6回:1分間
・7回:5分間
・8回:15分間
・9回:60分間
・10回:60分間
・11回以上:IDがロックされる or 初期化される

もしロックされてしまったとしても、上記の時間が経過すればロックは解除されるのでご安心ください。

ただ、11回以上間違えると、設定によってはApple製品が初期化されてしまう恐れがあるのでご注意ください。

IDが解除できなくて困っている方はについては、次の方法で解除することができます。

スポンサーリンク

IDやパスワードのロック解除方法とできないときの対処法

次にIDがロックされてしまったときの解除方法と、解除ができないときの対処方法についてお伝えします。

パスワードのロックを解除する方法

iPhoneに「Apple IDがロックされています」と表示されたとき、IDのロックを解除する方法は、パスワードを覚えているかどうかで異なります。

■パスワードを覚えている場合

1.下記のAppleサイトにアクセス

https://iforgot.apple.com/password/verify/appleid

2.「Apple IDをお忘れになった場合は、こちらで検索できます」のリンクに飛ぶ

3.名前とメールアドレスを入力して、メールを送信

■パスワードを忘れた場合

上記と同様にAppleサイトへアクセスして、Apple IDを入力しパスワードをリセットします。

詳しくは、Appleのサイトをご覧ください ⇒ Apple IDのパスワードを忘れた場合

解除が出来ないときはサポートに問い合わせよう

もしロックの解除ができなかったら、以下の3通りの方法を試してみてください

  1. Appleのサポートに問い合わせる
  2. Apple storeに持ち込む
  3. アクティベーションロック解除の業者に問い合わせる

まずはAppleのサポートに問い合わせてみるのがおすすめです。詳しくはこのあとの章で説明します。

メールや電話では操作方法が分からない方は、Apple storeに持ち込んでみましょう。

スポンサーリンク

Apple IDに関するアクシデントと対処方法

パスワードのリセットやロックの解除がスムーズにできればいいのですが、うまくいかないこともありますよね。

そこで、これから紹介する3つのアクシデントに対処する方法をまとめました。

ロック解除のメールが届かない

「Appleにロック解除のメールを送ったのに返信がない。」

メールが届いていないのか、もしくはフォルダーのどこかに入っているのか見つからないことがあると思います。

そのようなときは以下の4つの方法を試してみてください。

  1. メールフォルダーのなかで「Apple」と検索
  2. 登録したメールアドレスが正しいか確認
  3. メールを再送信
  4. メールを受信できているか確認

詳しい内容はこちらにあります ⇒ 確認メールやリセットメールが届かない場合

Apple IDが使用停止に!解除方法は?

今までご紹介した方法でロックの解除ができない場合は、Appサポートに問い合わせましょう

もしかしたらパスワードの二段階認証をしている可能性があります。

その場合は、これから紹介する方法が有効です。

  1. 下記のAppサポートのサイトにアクセス
  2. Apple ID→Apple IDが無効になっている、を選択
  3. 通知で届いた内容を選択

このあとは電話で問い合わせが可能です。自力でできなかった方は、ぜひ試してみてください。

詳しくはAppleのサイトをご参照ください ⇒ Apple IDがロックされた場合や使用できなくなった場合

パスワードのリセットができない

もし自分の端末でパスワードのリセットができないときは、友達や家族のiPhone、iPad、iPad touchなどでもリセットが可能です。

ただ持ち主にAppサポートのアプリをダウンロードしてもらう必要があります。

ダウンロードはこちらから。

https://apps.apple.com/jp/app/apple-store/id1130498044?mt=8

もし上記のアプリのダウンロードができないときは、iPhoneを探すアプリを代わりに使います。

iPhoneを探すアプリのダウンロードはこちらからできます。

https://apps.apple.com/jp/app/iphone%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%81%99/id376101648

友達や家族のiPhoneからでもパスワードのリセットができるのは便利ですね。

ご紹介したように、Apple IDのロックを解除するにはいくつかの方法があります。もしロックされてしまったとしても焦らずに、解除を試みてください。

まとめ

Apple IDのパスワード間違いは6回目からロックがかかる対象となり、その後間違える度にロック時間が長くなっていきます。

6回目の間違いで1分、10回目で60分のロック時間となります。

なお、11回目からのIDロックは別途ロック解除の手続きが必要となりますが、機種によってはロックではなく初期化される場合もあるので注意が必要です。

ロック解除の方法についてはこのページで解説していますが、どうしてもうまく行かない場合はサポートセンターへ問い合わせると良いでしょう。

状況別の問い合わせ先についても記載していますので、是非参考にしてみてくださいね。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です