雨樋が外れたら修理はどこに頼むのが良い?業者の修理費用やDIYで直す場合の費用についても

雨樋が外れて修理をしたいけれどどこに頼めば良いかわからないという方はきっと多いことでしょう。

新築で建てた家であればハウスメーカーに依頼するのが良いのか、それとも地元の工務店などに依頼する方が良いのか判断に迷うところです。

ここでは雨樋修理の依頼先の選定やDIYで修理する際の方法についてまとめています。

スポンサーリンク

外れた雨樋の修理が可能な業者は?

自宅の雨樋が外れて修理を依頼する場合、近くの工務店へ修理をするのが良いです。

一番の理由として費用が抑えられること。対応の早さなどが挙げられます。

できればいくつかの工務店で相見積もりを取ってから選定すると費用面ではより安心です。

一般的には雨樋が外れたり破損している場合、持ち家であれば、その施工会社(ハウスメーカー)に依頼することが多いと思いますが、一般的には工務店へ依頼するより割高になります。

ハウスメーカーに依頼しても提携している工務店へ下請けに出すため、ハウスメーカーの中間マージンが余計にかかることになります。(およそ1割くらい割高になるのが一般的です)

ハウスメーカーから想定以上の見積金額が出たとしても、これまでの付き合いから断りずらく、そのまま話を進めてしまったという人は多いです。

家の図面なども保管しているはずなので、ハウスメーカーに依頼するのが最も安心して修理を依頼できるメリットがある反面、費用面ではどうしても高くなる傾向にあるのがデメリットと言えます。

雨樋の修理に、家の図面なんて必要ないので、近場で安価で修理してくれる業者を選ぶようにするのが良いでしょう。

注意点とすれば、規模の小さい工務店や建設会社だからと必ずしも全てが自社施工であるとは言えないので、初めて依頼する工務店である場合は相見積もりを取ってから検討するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

業者へ依頼した場合の修理費用

業者へ雨樋修理を依頼した場合にかかる費用はどれくらいでしょうか。

当然修理箇所や損傷具合、材質などによって金額の変動があるので正確にはわかりませんが、目安としてはこんな感じです。

雨樋修理の概算費用

  • 交換や修理:3~5千円(1メートルあたり)
  • 継ぎ手の補修:5千~2万円(1箇所あたり)

当然、施工業者によってこうした金額は異なりますので、いくつかの施工業者へ見積もりを取得する方が良いです。

同じような内容でも何十万円も金額が異なることは珍しくないためです。

見積もりを比較する際の着目点

いくつかの修理業者から見積もりを取得した場合、比較したい点は修理箇所の費用やその他の費用です。

項目ごとに金額が異なるので、価格交渉の際に使える情報として活用できることは多いです。

トータルの金額が安いところに決めるにしても、項目別に見ると他の業者よりも高く見積もられている箇所があれば、もう少し安くできる余地がある可能性があります。

単純に「もう少しなんとかならない?」と値下げ交渉をするより、ポイントを絞って行う方が交渉がまとまる可能性が高いです。

外れた雨樋はDIYでも直せる?

外れた雨樋は自分で直すことは可能です。

ただ、雨樋の修理には梯子に上って作業をする必要があるので、慣れない人の場合は細心の注意が必要です。

高所で細かい作業ができる自信があれば、業者に修理を依頼するよりもはるかに安価に修理できますが、安全対策を十分にとった上で行って欲しいと思います。

次には外れた雨樋をDIYで修理する際に必要なグッズについてご紹介します。

修理に最適なテープや接着剤

DIYで雨樋修理をする人向けに、雨樋修理に適した防水シートや接着剤が販売されています。

専門店などへ行かなくてもホームセンターで手に入るので、DIYで修理する場合は以下のようなアイテムを購入すると良いでしょう。

シートや接着剤はかなり安価で販売されているので、DIYで修理するのであれば数万円単位で費用の抑制ができるはずです。

スポンサーリンク

火災保険で直すことは可能?

火災保険で保険金がおりる対象は火災だけではないとご存じでしょうか。

実は、火災の他には台風被害や大雨による水災、落雷による損害、雪災による損害も火災保険の対象となるということを知らない人は多いのではないでしょうか。

入っている火災保険によっては多少の違いはあるものの、大方の火災保険ではこうした損害もカバーされていると見て良いですが、知らないまま実費で修理をしている人は少なくありません。

雨樋の損傷は水災や風災といったものが起因していることが多いので、実際は保険の対象であるというケースがほとんど。

正しく請求すれば間違いなく保険金が入るわけですが、しっかりと知識武装をしていかないと対象となる箇所も対象外とされてしまう可能性があるので注意が必要です。

細かい約款をしっかりと読み込むくらいの準備が必要ですが、なかなかそこまで入念な準備ができないという方は(ほとんどの方がそうでしょうけれど…)、保険の請求を代行してくれるサービスを使うのが便利です。

保険請求を依頼して、入ってきた金額の数割を報酬として支払うものなので、調査や保険請求の代行も無料でやってもらえます。

請求を依頼するとこんな感じで支給されます。

引用:お家のドクター公式ページ

これを知らない人は相当な額を損してるってことになるでしょうね。

まとめ

雨樋が外れたらどうしたら良いかという点についてまとめました。

雨樋が外れたり破損してしまった場合、いくつかの工務店に見積もりをとったうえで選定するのが費用面でも安心です。

DIYで補修することも可能でその場合はかなりのコスト削減ができますが、高所の作業となるので安全に留意してくれぐれも怪我のないよう実施していただけたらと思います。

また、雨樋に限らず破損した箇所は火災保険がおりる対象になることも多いものの、請求対象となることを知らずに未請求になっているケースは多いので、補修をする前に保険会社に尋ねてみることをおすすめします。

ただ、保険会社はできるだけ保険の対象と認定しないところもあるため、保険請求のプロに請求の代行を依頼する方がお得になるケースは多いです。保険の知識に自信がない方はこうしたサービスを利用するのが安心と言えるでしょう。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です