有馬記念サイン馬券(2021)の予想は?世相馬券で万馬券ゲットしたい!

有馬記念でまことしやかにささやかれるサイン馬券はある説。

過去にも「サインだったのか?」と思われる結果があったのも事実。

「そんなのたまたまだよ」とスルーするか、それともサインを事前に見抜いて当たり馬券をゲットするか。

楽しみが増えた方が良いので私はサイン馬券肯定派ですw

特に年末の一大レースの有馬記念はその年の世相や大きな出来事を表すという見方が多く、この一年を振り返るきっかけにもなったりします。

ということで、2021年のサイン馬券予想と過去のサイン馬券(と言われているもの)についてまとめています。

スポンサーリンク

有馬記念のサイン馬券(2021年)の予想

最も多く予想されているのが、今年の漢字「金」によるサインですね。

その結果、ゴールドシップ産駒のウインキートスを挙げる声は多いです。

ちなみに、その年の漢字が「金」になったのはこれまでに2度ありますが、2012年はゴールドシップ産の馬が勝利、2016年はゴールドアクターが3着(惜しい…)。

馬連にウインキートスは入れておきたいところですね。

その他には、プロ野球では前年度最下位同士で日本シリーズを戦ったという史上初の出来事に絡めて、前年の有馬記念で最下位だったディープボンドを挙げる人もいます。

さらに野球関連が続き、全米を驚かせた大谷翔平選手の2刀流の大活躍によりMVPを獲得したことから、タイトルホルダーを挙げる声も。

個人的には、注目の高い結婚のニュースが多く「運命の赤い糸」を感じされる出来事があったので、「アカイイト」を推したいと思いますがいかがでしょうか?

スポンサーリンク

有馬記念の過去のサイン馬券は?

最も有名な過去のサイン馬券(とされている)は、2001年の1着マンハッタンカフェ、2着アメリカンボスという結果です。

この名前だけでピンとくる方も多いかもしれませんが、2001年はアメリカで同時多発テロが発生した年なので、サイン馬券ある説はかなり燃えましたね。

この時は結果を見てぞわぞわした感覚を覚えましたが、それ以外は正直なところこじつけ感もあって、楽しみながら馬券予想をしようという感じに変わってきました。

有馬記念のサインにコロナが含まれる可能性は?

2020年もサイン馬券の予想にコロナを含める声はありましたが、的中したという意見は聞こえてきませんでした。

ですが、2021年はどうでしょうか。

一時期収束の兆しが見えつつも、再び新種のオミクロン株の拡大しつつあるなかですが、その一方で新株はそれほど恐れるほどではないという見方もあり、今年でコロナの恐怖は終わりという意見もあるのは事実。

そのため、今年でコロナ騒動は終わりであると予想し、年末は3連複 5-6-7で終わるというサインはどうでしょうか。

参考:有馬記念のプロの予想は?

スポンサーリンク

2021年有馬記念の出走馬一覧

2021年の有馬記念の出走馬は次の16頭です。(馬番順)

一覧を見て、隠されたサインにビビっと閃くこともあるのでぼぉ~っと眺めるだけでも良いことが起こるかもしれませんよ。

  • ペルシアンナイト
  • パンサラッサ
  • モズベッロ
  • メロディーレーン
  • ディープボンド
  • ウインキートス
  • クロノジェネシス
  • ユーキャンスマイル
  • ステラヴェローチェ
  • エフフォーリア
  • アリストテレス
  • シャドウディーヴァ
  • アカイイト
  • アサマノイタズラ
  • キセキ
  • タイトルホルダー

まとめ

一年で最も注目される大レースの有馬記念。

それだけに、様々な予想がされていて出走前からかなり楽しめますね。

その予想の楽しみの一つにある「サイン馬券」ですが、これは年の最後のレース有馬記念が一番活気づきます。

今年一年起こったできごとを振り返ったり、最も印象強かったのはどのできごとだったのか。

毎年、楽しみながら一年を振り返ってサイン馬券論議が交わせるような年になって欲しいですね。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です