年越し蕎麦はいつ食べる?タイミングや具材の意味と正しい食べ方について

大晦日の年越し蕎麦。

蕎麦のように長く生きられるようにとか来年もみんなが傍(そば)に居られるようにという意味とか諸説ありますが、それよりも悩ましいのが年越し蕎麦を食べるタイミング。

夕飯を食べた後にさらに蕎麦を食べるのか(かなり苦しいw)、夜食のような時間帯に食べるのか、はたまた夕飯として食べるのか…。

なかなか悩ましいところですよね。

その反省を踏まえて昼食に食べたこともありますが、何となく「年越し蕎麦感」に欠けるところもあり、年越し蕎麦を食べるタイミングについて調べてみました。

スポンサーリンク

年越し蕎麦のタイミングは?いつ食べるのが良いのか

結論から書くと、このタイミングでという決まりはありませんでした。

まぁ、一種の願掛けのようなものですからね。

各家庭ではどのようなタイミングで食べているのか調査した結果によると、最も多いのが夕飯後の年越しまでの時間帯。

紅白を見ながらだったり、除夜の鐘を聞きながらという声が多いですね。

これが一番「年越し蕎麦感」が高いからというのが主な理由ですが、夕飯でお腹いっぱいになった状態でさらに蕎麦を食べるは結構苦しいのが難点。

次に多いタイミングが夕飯として食べるというもの。

夕飯後に食べるスタイルから移行した人が多いようです。

夕飯後に食べるのが苦しかったから夕飯時に食べるように改めたところ、一番スムーズに感じられるようになったという意見が多いです。

夕飯の時間帯だと、蕎麦屋さんで食べられるので外食するという人も多いですね。

昼食時間帯も多く、その場合は外食率が上がりますね。

大晦日は昼も夜も蕎麦屋さんは大忙しになるので、外食する場合は混雑は覚悟の上でお出かけくださいね。

スポンサーリンク

京都では年越し蕎麦はいつ食べる?

福島県の会津地方の一部の地域では年越し蕎麦ではなくて、年明けの元旦や2日に蕎麦を食べる習わしがあるそうです。

何となく京都でも独特のタイミングがありそうですが、京都でも基本的には大晦日に年越し蕎麦を食べる人が多いとのことです。

時間帯もこのタイミングでと決まりはないため、他の大部分の地域と同じように大晦中に食べるというタイミングでOKということですね。

ちなみに、京都や大阪では年越し蕎麦としてにしんそばを食べる風習がありますが、これは「二親」と掛けて子宝に恵まれるという縁起担ぎの意味合いが込められています。

年越し蕎麦の正しい食べ方

年越し蕎麦の正しい食べ方というのはそれほど厳格なものはありませんが、大晦日の日中に食べるというのは定められています(一部地域を除く)。

長生きできるようにという願いを込めて蕎麦を食べるようにとされているので、できるだけ長い状態で蕎麦を食べる(あまり噛まないで食べる)という説を聞いたことがありますが、あまり一般的ではなさそうです。

蕎麦自体は温かいものでも冷たい物でも良いですし、具材も決まっているわけではないのでお好きなスタイルで食べるのが良いでしょう。

なお、地域によって年越し蕎麦の具材として用いられる頻度が高いものもあるので、その地域で特色のある年越し蕎麦があるのでそれに倣った食べ方をするのも良さそうですね。

スポンサーリンク

年越し蕎麦の具材に込められる意味とは?

年越し蕎麦の具材として用いられるものはこれといって決まりはありませんが、基本的に入れられることが多い具材の中で縁起物の意味をもっている具材を挙げると以下のようになります。

ネギ:1年の労を労う(ねぎらう)
油揚げ:油揚げ=稲荷ということで五穀豊穣・商売繁盛・家内安全の神様を連想
卵焼き:黄色から金運アップを願う
かまぼこ:紅白のかまごこは縁起が良い
海老:腰が曲がっているので長寿の象徴
春菊:旬の食材のため繁栄の象徴

海老は天ぷらにして極力まっすぐになっていることが多いですけどねw

 具材は地方によって異なる

北海道と京都・大阪は身欠にしん、福井はだいこんおろし、沖縄はソーキと、地域によって具材が異なるところもあります。

ちなみに、にしんは二親(にしん)と掛けて、子孫繁栄を意味しているとのこと。

他にも地域柄で年越しそばに用いられることが多い具材もあるでしょうから、年越し蕎麦で地元に帰ってきたと感じる人もいるかもしれませんね。

必ずしもその地域では具材が決まっているというわけではありませんが、地域ごとの特色を感じるものとして見られるのは楽しいものです。

まとめ

結局のところ、年越し蕎麦を食べるタイミングとしては「大晦日の日中に食べる」というざっくりとしたものしかありません。

つまりは、縁起物を大晦日の日に食べることに価値があるということなんでしょうね。

その際に、五穀豊穣や繁栄の象徴としての具材を入れるとさらに縁起の良さがアップするので美味しさも兼ねて楽しみたいところです。

また、地方によっては入れる具材にも特色があるので、旅行などでその地域ならではの具材を楽しむのもありだな~と思ったり。

とりあえず、今年は夕食後の苦しい中で無理矢理蕎麦を食べることの無いようにしたいと思います^^

それでは良いお年をお迎えください!!

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です