寄付タウンは当たらない?怪しい危ないのか安全性もチェック

画像引用:kifutown公式サイト

前澤さんのお金配りで知ったという方も多い寄付タウン。

寄付をしたい人と寄付を受けたい人のマッチングをするサービスですが、1件の寄付に対して希望者がかなり多くてかなりの競争率になっていますよね。

それだけでなく、そもそも寄付タウンでは当たらないという声や怪しい・危ないといった安全性を危惧する意見もあって、本当に使って大丈夫なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは寄付タウンで本当に寄付を受けられるのか、そして使っても問題ないか安全性について調べてみた内容をまとめています。

スポンサーリンク

寄付タウンは当たらない?当たった口コミはあるか

現状の寄付タウンは、寄付する側と受ける側では圧倒的に受ける側が多く、1つの寄付案件に対してかなりの数の希望者が集まっています。

そのため、寄付タウンは当たらないと希望前に思ってしまうほどの高倍率となっています。

厳密に言えば絶対に当たらないというわけではありませんが、相当薄い確率のところを引いてこない限り当選することは難しいでしょう。

ただ、全てが抽選ではないので寄付する人の条件にマッチする場合は、当選確率が上がる可能性はあるので応募条件を色々と探してみるのも良さそうです。

スポンサーリンク

寄付タウンは怪しいのか

寄付タウンはそれほど怪しいことをしているわけではありません。

ただ、寄付の条件としてtwitterアカウントをフォローする必要があったりと、何か仕掛けがあるのでは?と勘ぐってしまう人も多いでしょう。

確かに寄付する側としても何の見返りも期待せずに寄付するという人は少ない印象を受けます。

フォロワー獲得だったりブランディングだったり、寄付する目的はあるでしょうけれど、怪しいと警戒するほど何か仕掛けがあるのかと言われれば、そこまで警戒することはないのでは?というのが現時点での私の見解です。

寄付タウンは危ない?安全性は高いのか

寄付タウンを怪しむ声と同じくらい、危ないのではと安全性を危惧する声もよく聞かれます。

先ほども書いたとおり、寄付する側としても何かしらの意味を持って寄付をしているわけですが、危険性を感じるようなことはないでしょう。

せいぜいツイッターのフォローをするくらいですから、安全性の面では特に心配するようなこともありません。

スポンサーリンク

寄付タウンの使い方は簡単?

寄付タウンの使い方は簡単です。

寄付する場合は寄付する条件の設定、寄付を受けることを希望する場合は条件に合った寄付者のページで「応募する」をタップするだけでOK。

後は抽選なり寄付者による選定といった条件に合致すれば寄付を受けることができます。

ただし、その寄付は現金ではなくて寄付タウンで導入する電子マネーにて使うことができるようになるとのことなので、その電子マネーの使い勝手によっても変わってくるでしょうね。

寄付タウンの電子マネーはどこで使える?paypayに変換可能なのか

寄付タウンで受け取った「お金」は、寄付タウンで提供される予定の電子マネー残高として受け取ることになります。

その電子マネーはどこで使えるのか、どんな感じなのかといった点は現時点では明らかにされていません。

paypayや交通系電子マネーに変換可能であればかなり使いやすいですが、恐らくは寄付タウン内の電子マネーとして使うことになるので使用範囲はせまくなってしまう可能性があります。

寄付タウンの電子マネーがpaypayなどのすでに流通している電子マネーとが互換性があれば良いのですが、実際はどうなるのか続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました