人工地震とは?目的や次の標的、新聞記事や東日本大震災時の証拠が気になる

大きな地震が起こると人工地震だという説が飛び交うことが多くなってきたように感じます。

本当に大地震は人の手によって意図的に起こされたものなのか?

トンデモ話だとは信じたいけれど、絶対に違うという証拠が欲しくて色々と調べてみました。



人工地震とは?

人工地震は、人工的な発破などにより発生する。一方、通常の地震動を発生させる地震のことを、自然地震と呼ぶことがある
引用:wikipedia

人工地震自体はあるということですね。

ただし、爆薬や水中で圧縮空気を放出するエアガンなどが原因によって引き起こされるものです。

原爆の実験でも人工地震は発生し、最近では北朝鮮による核実験によってマグニチュード4.0以上に相当する揺れが確認されているとのこと。

では、ここ数年の間に日本で起こっている大きな地震(東北大震災や胆振東部大地震)と人工地震の関係性はあるのでしょうか。

大きな地震が起こる度に人工地震説が飛び交いますが、その説を否定するツイートが目立ちます。

スポンサーリンク

新聞記事で人工地震が言及されている

昔の新聞記事では人工地震について言及されているものもあったようですが、最近ではまったく見ることはなくなりました。

意図的に隠している情報だとしたらかなり怖いですね…。

ただこれも、新聞で言及する必要がないと判断された可能性もあるので、隠匿されるようになったと断定できるわけではないのでご注意ください。

目的や次の標的は?

この人工地震の話でよく挙げられるのが、人工地震の目的や次の標的に関することです。

例えば、政治的な失敗から国民の目をそらせるために人工地震を発生させたという説が多いです。

今回(令和3年2月13日)の東北の地震(最大震度6強)も、コロナの感染拡大やJOCの森元会長の問題などから視線を逸らせるために引き起こしたというものです。

これもまた真実とは確実に判断できない情報であることは確かです。

さらに、次の標的はどこか?と恐怖を煽るものまであるので情報の取捨選択はとても大切です。

万が一にでも意図的な人工地震だったとしても、次の標的は誰にも悟られないようにするはずですから、次の標的なんてわからないはずです。

無駄に恐れるよりも、万が一の想定に際して備えておく方がよっぽど建設的な恐怖心の使い方ではないでしょうか。

万が一の地震の備えについて

スポンサーリンク

東日本大震災は人工地震だった証拠はある?

発生から10年が経とうとしている今でも、東日本大震災は人工地震だったという説は根強く残っています。

例えばこうした書籍。

陰謀論とか、日本政府が3・11地震兵器攻撃を認めないのは、戦争回避のためだったとか。

ただ、こうした論を展開する中でも人工地震だった証拠は明らかにされていません。

どこまで本当のことなのか…。

情報に躍らせれずに自分の中で本当の情報を読み取る力が試されるのでしょう。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です