ツールバーへスキップ

ビタミンDがコロナウイルスの感染予防効果があると話題に!現時点の研究結果や消費者庁の注意喚起は?

最近、新型コロナウイルスの感染予防にビタミンDが効くと話題になってます。

もしビタミンDにそんな効果があるなら積極的に摂取したい!と思い情報の正しさを調べてみることにしました。

ビタミンDと感染予防効果の関係性や、どんな食べ物がビタミンDの含有量が多いのかといった点についてまとめてみました。

コロナウイルスの感染拡大がなかなか終息しない今だからこそ、出来る限りのことはしておきたいと思います。

スポンサーリンク

ビタミンDにコロナウイルス感染予防の効果はあるのか?

結論から書くと、ビタミンDが新型コロナウイルスの感染予防に特別効果があるということはありません。

ですが、免疫システムが正常に機能するために多くの栄養素や関連物質が必要ですが、ビタミンDはその中の1つであるために必要な要素であることは間違いありません。

その点で言うなら、ビタミンDはコロナウイルスの感染予防に効果はあると言えます。繰り返しになりますが、ビタミンDを摂取していればコロナウイルスの感染予防の効果があるというのは誤りですのでその点には注意が必要です。

参考:公益社団法人 日本栄養士会HP

現時点での研究結果

以前流行した新型インフルエンザの場合、複数ある型のうち1つの型に関してのみビタミンDが予防に有効性があると認められました。

しかし、それと同様に新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)にもビタミンDが効果的であるとは、現時点でははっきりとは断定できません。

参考:「健康食品」の安全性・有効性情報 (HFNet)

そのため、現時点ではビタミンDは正常な免疫力を持つために必要な栄養素の一つとして適正量を摂取する必要はある以外に言えることはないようです。

スポンサーリンク

ビタミンDと日光の関係性がコロナによって注目されている

普段はあまり気にする人は少ないビタミンDですが、コロナの予防に効くとか免疫力を正常に保つために必要だと急に注目され始めました。

そのビタミンDですが、実は日光浴だけ補うことができることはご存知でしょうか。

  • 最近はずっと家の中にこもりっきり
  • 毎日デスクワークをしているので日光を浴びてない
  • 家で過ごすのが好きなのであまり外に出ない

こうした方は、いつもより意識的に日光を浴びるようにしてビタミンDを摂取すると免疫力がアップするかもしれませんね。

ビタミンDを補う日光浴はどれくらい時間が必要か

ビタミンDを取り入れるのにはどれくらいの時間の日光浴が必要なのか気になりますよね。

明確な時間の基準はありませんが、屋外で日光浴をすれば15~30分程度で良いとされています。

中には夏の木陰で30分程度で良いという言及もあるので、直射日光を浴びる必要もないようです。

天気の良い日に30分程度運動をしているうちに必要なビタミンDが補えると考えると、それほど難しいことではないように感じられますね。

ビタミンDは日光をガラス越しでも補える?

ガラス越しの日光浴ではあまり効果は望めないようです。

理由として、ガラスは紫外線を通さないことが挙げられます。

屋内で日光を浴びながら昼寝をしたとしても、ビタミンDの補給には効果はさほどないということになります。

どうしても仕事などで日中は屋内にいなくてはいけない場合は、窓を開けて日光を浴びるなどすれば必要な量は賄えそうですね。

ビタミンDを摂取できる食べ物

ビタミンDと言えばウナギが有名ですが、その他には魚やきのこ類の摂取が推奨されています。

魚の中でも鮭の含有量が多いようです。

シイタケは食べる前に天日干しをするとビタミンDの含有量がアップします。

ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがある栄養素なので、骨粗鬆症財団からの情報が充実しているのでとても参考になります。

参考:公益財団 骨粗鬆症財団HP

スポンサーリンク

コロナウイルスの予防効果に対する消費者庁の注意喚起

これまでもいくつか目にしたことがありますが、コロナウイルスの予防効果を謳った製品が出回っています。

ビタミンDがコロナの感染予防に効果的だと話題になると、恐らくはビタミンD関連の製品が増加するのではないでしょうか。

その際には自分自身でしっかりと選定する目は必要ですが、消費者庁の注意喚起を参考にすると判断する際の参考になるはずです。

参考:消費者庁による注意喚起

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です